So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

台湾への旅(2016/08/05)・・・野柳地質公園/平渓線/九份へ。 [旅/台湾への旅(2016年)]

台湾への≫の2日目です。


さて、本格的台湾スタート!!


今日の予定は...


台北駅
 ↓
野柳地質公園
 ↓
基降
 ↓
平渓線
 ↓
九份
 ↓
台北駅

と言った感じ。

 


≪野柳地質公園 / Yehliu Geopark≫


今回、オイラが1番行きたかったのがココ

野柳地質公園です。

 

台北から1時間半ほどの所にある海岸沿い公園

色んな奇形な岩があり、その一つが、
『女王の頭』と呼ばれて、近年TVなどでよく紹介されてます

 


taiwan-2-011.jpg
→女王頭。


世界遺産と呼ばれる公園です。

 

 

ただ、
台湾(中華民国)は国連未参加

その為、
世界遺産には登録できないのです

哀しいなぁ。

 

さて、
台北駅の西側にあるバスターミナル(台北西站A棟)より出発

 

國光客運1815路線に乗ります。

乗場に「野柳」と書かれてるから分かります。


料金95元


嬉しいコトに、
窓口でチケットを買おうとしたら、
両親を見てシニア料金にしてもらえました

シニア料金は大人の半額です。

 

taiwan-2-000.jpg
→バス。

 

taiwan-2-001.jpg
→車内。


このバス、路線バスですが、嬉しいコトに。。。

 

taiwan-2-002.jpg
→コレ。

USB充電ポートがある。

 

台北駅周辺は混雑しますが、途中からは快適に流れます

でも、
北東に進み基隆に近づくと再び渋滞

 

 

結局、予定通りの1時間半程度到着

 


このバスの大半乗客はココで降ります

しかし...

ココ何処状態。

実は、
バス停から野柳地質公園までは徒歩5分強歩きます。

なので、
方向だけは迷わないように。

 

taiwan-2-003.jpg
→ココを左。

 

taiwan-2-004.jpg
→寺?神社?

 

漁師町みたいなので、海鮮のお店が多いです。

 

taiwan-2-005.jpg
→カニ。


そして、野柳地質公園到着!!

 

 

taiwan-2-006.jpg
→入口。


結構な人出ですね。

 


taiwan-2-007.jpg
→駐車場。

 

それではチケット購入して入ります。

 

taiwan-2-008.jpg
→チケット。

 

大人:80元


但し、
シニア料金適用されず
(→シニア料金は台湾国民のみです。)

 

taiwan-2-009.jpg
→全体マップ。

 

入園する前に、
チケット売場近くお土産屋さんでトイレを済ますと良いですよ。

 

 

 

では、入園!!


しかし...


暑い。。。
暑い。。。
暑い。。。

 

暫く進むと...



taiwan-2-010.jpg
→こんな感じ。

ゴツゴツした登場

大仏さんみたいな岩だね。

 

さて、この先に有名『女王の頭』があります。

 

taiwan-2-011.jpg
→女王頭。


ただ、
記念撮影に並んでます。
15分程度は待つ感じ。


ベストショットの場所にはがあって、
そこに立つと良い具合に撮れるのですが、行列を乱さない様に
係員も立ってます。


時間が勿体無いので、オイラは反対方向から撮影

 

taiwan-2-012.jpg
→コレね。


なお、
ココで待つのが嫌な方は、
入口近くにレプリカがあります。

 



taiwan-2-013.jpg
→レプリカ。

 

taiwan-2-014.jpg
→説明文。

 

結構見応えのある公園なので、いろいろ見て回ります。

 

taiwan-2-015.jpg
→こんなトコ。

 

taiwan-2-016.jpg
→赤線より先は危険。

 

 

しかし、暑い

 


taiwan-2-017.jpg
→マンゴーアイス。

旨そう
こんなに暑い食べたくなるわ。

 

細長い公園なので、先まで行ってみましょう

 



taiwan-2-018.jpg
→階段。

ココを登って。。

 

taiwan-2-019.jpg
→直線を進みます。

 

ココは日陰がない。

そして、
この辺りから一気に観光客減ります

 

 

taiwan-2-020.jpg
→海岸線。

 

延々、20分ほど歩いて...

 

 

taiwan-2-021.jpg
→展望台。

の先っぽ

 

taiwan-2-022.jpg
→GPS。

 

 

taiwan-2-024.jpg
→東側?

コッチが日本側かな?

 


taiwan-2-023.jpg
→絶壁。

この先が先ほどの『女王の頭』です。

 

 

展望台には東屋があるので、暑さはマシですね。


と言うか、
日差しがキツイ

 


再び、歩くこと25分ほど掛けて戻ります

この頃、
オイラは半分熱中症になりかけ。。。


歩いてて、ダラダラ
死にそうです

 

公園出口を過ぎて、駐車場前セブンイレブンにて休憩して、
ようやく復活!!

 

 

 

http://www.ylgeopark.org.tw/JPN/info/YLIntroduction_jp.aspx


≪データ≫
臺灣新北市萬里區野柳里港東路167-1號
tel 886-2-24922016

 

 

 

 

 

≪基隆&平渓線九份

 

さて、
時間12時半

お昼セブンイレブンで簡単に済ましました

それは次の目的地への移動の為、時間節約です。


港町である基隆へ向かいます。

もっとも、
次の目的地への中継地点ですが。。。

 


taiwan-2-025.jpg
→バス。


ココでも、
運転手さんが親切に両親シニア料金にしてくました。

 

taiwan-2-026.jpg
→車内。

ローカル路線バスに乗って約50分

ようやく到着

 


taiwan-2-027.jpg
→基隆の街。

当初の予定は、ココLunchでしたが、
既に済ましたので、時間の関係上観光もせずに次へ行きます


ココからどう移動

路線バス予定したのですが、
なかなか来ないし、時間が掛かりそう


結局、タクシーに乗って、次の目的地瑞芳站へ。

 

 

taiwan-2-028.jpg
→瑞芳站。

九份平渓線起点となるです。

 

 

 

 

 

なお、
オイラは3年前に来てますが、
両親が今回は訪問したい所ココなのです。

 

駅の券売機の向かいに観光案内所があります。

地図や色んな相談が出来ます。
もち、日本語OK

 

taiwan-2-029.jpg
→路線図。

 

平渓線1日券があります。

コレがオススメ。

実際は、十分站平渓站菁桐站、などの2駅程度なら、
往復してもそれぞれの切符の方安いです。

 


でも...

①夕方になると窓口が閉まる。
②乗務員から買うのが手間。

と云うコトで、1日券を買う方が便利だね。


実際、
オイラも菁桐站にて乗務員から買ったら、
その切符が間違ってて、帰りに瑞芳站にて少しトラブルに...

 

 

 

 

 

平渓線に乗って...≫

 

さて、切符も買って乗ることに。

 

taiwan-2-030.jpg
→ホーム。


平日なのにね。結構、混雑してます。


まず、目指すは...

十分站です。

平渓線にて一番有名な

レトロ感がたまりません。

 

電車に乗る事約40分

ローカル線なので結構トロトロ運行
遅いのだ。

 

 

ホームは
だから、
下車して、ホームを渡るのは大変。

 


taiwan-2-031.jpg
→こんな状態。


駅から出ても同じような状態

 

taiwan-2-032.jpg
→駅前。

なお、
線路駅前違いがほぼ無いので、
ドコからが駅なのか?よく分かりません。

 


taiwan-2-033.jpg
→線路上(菁桐站方面)。

 


taiwan-2-035.jpg
→線路上(瑞芳站方面)。

街のど真ん中線路が通ってるので、
こんな風に写真を撮れます。

 


taiwan-2-034.jpg
→切替機。


鉄道好きなら触りたい!!

 

 

また、
ランタン天燈と言う、物に願いを書いて飛ばしてます。

 

見てると。。。

日本人韓国人台湾人の方々ばっかりね。

 

taiwan-2-036.jpg
→コレ。

ただ、
街自体広くないです。


20分ほど歩けば、
台湾ナイアガラと呼ばれる『十分瀑布』がありますが、
時間の関係上、パス

 

 

あとは。。。


すぐそばに吊り橋があります。

 

taiwan-2-037.jpg
→吊り橋。

 

taiwan-2-038.jpg
→吊り橋より。

眺めは良いなあ。

対岸まで行くと、単なる山間田舎町

観光客もほぼ居ません。

一瞬、『何、この差は?』と思います。

 

taiwan-2-039.jpg
→お昼寝の猫。


平渓線が多いです。

 

 

 

 

 


再び駅に戻って、今度は菁桐站へ向かいます。

 

taiwan-2-040.jpg
→券売機。


ただ、
十分站大混雑するから、
十分站菁桐站方面は多分、切符を買わなくてもバレない
※良い子はマネしたらダメ。


でも、
逆は駅から出るときに改札もあるので、
バレますよ。

 


taiwan-2-041.jpg
→平渓站。


ココも良い雰囲気なんですが、意外に降りる観光客は少ない

と、言うか、
日本人観光客が少ないのかな?
(→ガイドブックに余り載ってないから?)

 

taiwan-2-042.jpg
→菁桐站。

 

taiwan-2-043.jpg
→乗ってきた電車。


3年前に来た時は時間の関係上
3分程度滞在

ですが、
今回は1時間ほど散策出来ます。

 

 

taiwan-2-044.jpg
→駅舎。

何となく日本人に懐かしさを感じさせるのは、
この建物日本統治時代のもの。

台湾国内現存する数少ない日本統治時代の駅舎です。

 

 

taiwan-2-045.jpg
→終点の方面。

 

taiwan-2-046.jpg
→反対側。

 

taiwan-2-047.jpg
→案内板。


( ‥) ン?

 


≪日式建築群≫って何だ

多分、
そのままに日本統治時代の建物群なんでしょう。

 

 

駅前のマップを確認!!

 

taiwan-2-048.jpg
→観光map。

 


駅前の坂を下り。。。

 

taiwan-2-049.jpg
→こんな建物。

 

taiwan-2-050.jpg
→こんな建物があります。

一つは北海道民宿と言うか民宿みたいね。

 

 


http://www.taconet.com.tw/aeiou223300

 

 


大半の建物誰も住んでないみたい

 


taiwan-2-051.jpg
→滑り台跡?

 

taiwan-2-052.jpg
→標識。


ただ、
ココだけ見たら完全日本ですね。

 

taiwan-2-053.jpg
→高台からみた台陽鉱業公司平渓招待所

 

taiwan-2-054.jpg
→駅前のオブジェ。


平渓線自体が、
石炭運搬用軌道なので、沿線には炭鉱の名残が沢山あります。

 

 

 

駅に戻って、
瑞芳站へ戻ります。


ですが...

 

菁桐站窓口は閉まってる!?


仕方がないので、
電車の乗務員に伝えて買うのですが、
乗務員も窓口が閉まってるのを知らなかったみたい

 


taiwan-2-055.jpg
→ICカードも利用可能。

ココでトラブル原因


買った乗車券は...

 

taiwan-2-056.jpg
→切符。

 

瑞芳站菁桐站


本来となのだ。


オイラは余り気にしませんでしたが、
瑞芳站にて改札を出る時に少し止められました

 


なので、
コレまで乗ってきた切符を渡して、何とかOK

 

でも、
切符記念に持って帰りたかった両親は少し残念そうでした。

 

 


平渓線は短い路線ですが、
菁桐站瑞芳站まで乗ると1時間程度かかります。


帰りはまだ空いてたので、車両の先頭にて撮影

 

あっ!

台湾にも『鉄チャン』が居たわ。


ですが、
オイラも負けずに、撮影

 

taiwan-2-057.jpg
→運転席。

 

taiwan-2-058.jpg
→平渓線の車窓から。


少しだけ世界の車窓から気分


さらに...


動画載せちゃいます♪

 


→コレ。


平渓站手前です。

 



taiwan-2-059.jpg
→車内。

空いてますが...


再び十分站に到着すると、
大勢の観光客が乗ってきます。

 

 

 

九份へ≫

 

瑞芳站に戻ってきたら、19時過ぎ


すっかり日が暮れてしまいました。

 

さて、
次は台湾で1、2を争う有名観光地である≪九份≫です。

 

taiwan-2-060.jpg
→こっち方面。

 

ココは、
マルコメリクエスト

時間が無いのでタクシーで向かいます。

駅前から九份の入口まで200元
どうやら定額制で決まってます。

 

夜の九份も沢山の観光客


タクシーを降りて、展望台も人が多い。

 

taiwan-2-061.jpg
→ファミマ前。

ただ、
メインの商店街である「基山街」に向かうと。。

 

taiwan-2-062.jpg
→基山街入口。

 

あれ?
( ̄ェ ̄;) エッ?

 

意外に少ない。お店も閉まりかけ


えぇぇ。。。

 


そう、
九份19時頃から閉まるみたいなのだ。

 

急いで、
あの有名な階段がある「豎崎路」まで行きます。

 

その時にマルコメが...

 

デジカメ無い!!』と。
『多分、さっきのタクシーの中で忘れた。』と。

 

えーーー、
どうしようも無いで。。。

実際、どうしようも無いので、このまま観光続けます

 

 

taiwan-2-063.jpg
→ココ。

 

さすがに、
この一帯は人がまだまだ多い

 


豎崎路に来るとやっぱり眺め良いっすね。

 

 

taiwan-2-064.jpg
→有名な阿妹茶樓。

 

 

http://www.amei-teahouse.com.tw/

 

 

taiwan-2-065.jpg
→豎崎路。

 

taiwan-2-066.jpg
→建物。

 

 


一通り、写真撮影をした後、
眺めの良い店に入ってみるが....

 

既に新規の入店お終い


ど~~~すんだ?


ココで、
晩御飯を食べる予定だったのに。。。



・開いてる店を探すのも大変
・帰りのバスを待つのも大変
デジカメどうする?

 

色々悩み、お疲れのマルコメの為に、
コンビニで簡単に食べれる物を仕入れて、帰りバスを待ちます

 

そう、瑞芳站へ戻って、
ダメ元でタクシー乗り場にてデジカメが有るか無いか?を
確認
しないとイケません。

 

 

この時間、
台北方面に帰る観光客凄い人

 

何とか、
立ち乗りで乗る事が出来ました。

 

人気観光地なので、
ラクしたい人タクシーで帰る事をオススメしますね。

 

 

 

さて、
駅前のタクシー乗り場に戻って、簡単な英語説明


最初はなかなか伝わらなかったけど、
片言の日本語が分かる運転手さんも出てきて、何とか伝わった

 

電話等で聞いてもらうと...


該当の運転手は、現在台北方面に行って戻ってきてるトコロ


あと30分程度でココに帰ってくるそうだ。

 

 

 

つまり...

デジカメ発見?』ってコトかな?

そこまで詳細なコミュニケーションが取れないのですが....

運転手さん曰く『あと、30分程度はその辺で食事を楽しんだら?』と。

 

 

 

お言葉に甘えて...

 

近くの完全地元民向けお店食事を頂きます

コレが、
美味いわ、安いわ、のヒットなお店。
(→詳細は食べ物編にて!)

 

 

マルコメが早めに食べたので、
一人でタクシー乗り場に向かって状況把握

 

遅れてオイラとマルコメが向かうと...

マルコメデジカメあったで!』と。


凄い!!
異国の地
デジカメ返って来るなんて!

 


台湾素敵!
台湾の皆さん、感謝ありがとう

 

ただ、
直接お礼を運転手さんに伝えたかったけど、
あっさり、自宅に帰られました


確認の為、電源ONし、プレビューすると、
先月のマルコメ両親姪っ子のディズニーシーの写真が出てきました。

 

良かった良かった。


改めて、
運転手さん、そして台湾の皆さん、感謝申し上げます。
<(_ _)>

 

 

その後、感謝の意味も込めて
そのタクシー台北のホテルまで帰りました

 

taiwan-2-067.jpg
→タクシー車内より。


1,100元ナリ。

 

台湾2日目終了!!


 


にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました