So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

バリ島への旅(2007/01/04)・・・・最後ですが、いろいろアリ [旅/バリ島への旅(2006年-2007年)]

≪朝から昼過ぎまで≫
朝、普通に起きる。
そして朝食。考えてみたらこれがここの最後の朝食である。
少し感慨深い。



しかし、天気が良いな~。今日は何しようか?
18時にはホテルをチェックアウトしないといけないし。
city04000
こんなお天気。(写真をクリックしたらso-net photoに飛びます。)


ただ、少しトラブルが!
9時に電話が鳴る。
出てみるとフロントだ。
どうやら....


フロント:『今日、チェックアウトですね。お部屋は12時までですよ』
マルコメ:『18時じゃないの?』
フロント:『NO! NO!』
マルコメ:『旅行会社はそう言ってたよ。』
フロント:『just a moment!』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
フロント:『OK』



まぁ、結局はオッケーでした。
こう言った事ってよくあるしね。
考えてみれば、今回の旅行はあんまりトラブルが無かったな。
今までの旅行ではそれなりにトラブルがあったのに。



さて、夕方まで何をするかだ!
お土産でも買おうか?



一番近くのショッピングモール『ディスカバリーショッピングモール』へ。
実はお土産用としてイミテーションのブランド時計を買おうかと思案してたのです。
(←分かりやすく言えば偽ブランド物)


会社のお世話になった方へ用として。
手頃な値段なので、オイラにも相手にも負担にならないしねぇ。
でも、よくよく実物を見るとしょぼい
いや、かなりしょぼい












結局、取り止め。
まぁ、会社には一般的なお土産は買ったし、
自分へのお土産も気に入ったのを一つ購入済み。
考えてみれば、年末年始に来てるんだから、
社内の人間に迷惑を掛けた訳じゃない。
と、いろいろな理由により必要以上のお土産を止める。



さ~~~~~て、どうしよう?
時間
予算が余ったぞ!!!!



とりあえず、ブラブラ。


そこへ、バリ島ならどこにでも居るタクシードライバーが近寄ってきた。
タクシーどう?
無視してたら、東京or大阪?と聞いてくる。
『大阪だよ!』と答えたら...(←この時点で負けた)
『毎度!』と。
結局、このタクシードライバーに負けて、数時間タクシーをチャータ。
(まぁ、心で時間とお金に余裕があったからな・・・)



目指すはタナ・ロット寺院
タナ・ロット寺院往復でルピア300,000-(約4,110円)
少し高かったかな?



 



≪タナ・ロット寺院≫
クタ地区より約40分。のんびりした田園風景を満喫し到着。
view04003
バリだねぇ・・・のどかだ。(写真をクリックしたらso-net photoに飛びます。)



しかし、日差しがキツイ。先日の日焼けがさらにチクチクして死にそうだ・・・




が、
いざ、歩いてタナ・ロット寺院へ向かうと・・・
わぁ~、綺麗だ!そう、お寺なのだが、海岸沿いにある小さい島にあるのである。
ガイドブックによると、異教徒はその島には入れないって事で、
多くの観光客は対岸から見るだけとなる訳です。
meisyo04000
こんな感じ。日本の厳島、いや浮御堂か?
(写真をクリックしたらso-net photoに飛びます。)



途中、休憩。
だって暑いんだもん。



ここで売店のオネーチャンに寺院をバックに写真を撮ってもらった。
考えてみれば今回は一人旅で自分が写ったのが殆どない。
最終日くらい撮って貰ってもいいか。
meisyo04003
決まってます?(写真をクリックしたらso-net photoに飛びます。)



暫らく、この辺をプラプラ。
タナ・ロット寺院を見渡す北側の小さい寺院へ周って見ると、
コチラには日本人の若い2人組みのOLさんが居たので、再び写真を撮ってもらった。
注意:OLさんと写った訳じゃないです。)
meisyo04004
暑い・・・(写真をクリックしたらso-net photoに飛びます。)




帰りに駐車場近くの路上で売ってたお菓子を買いました。
なかなか旨いが、この暑い中、路上で売ってるので、沢山食べるとお腹を壊しそうだ。
(←詳細は食べ物編にて!)




 

≪ホテルにて≫
ホテルに戻ると、16時ごろ。丁度いい時間だ。
一旦、シャワーを浴びてる。



そして、
短パンからGパンへ。
サンダルからスニーカーへ。
そして、荷物も綺麗にまとめて、あとは帰国のみ!!!!


と、思ったら、
大ハプニング!!!



スーツケースが閉まらない



サンダルやシャツを入れたからか?
でも、昨日の時点で荷物をまとめて大分スペースを空けてたんだけど・・・
結局お土産などを出して、何度もチャレンジ!!!



でも、閉まらない
何度やっても閉まらない



せっかくシャワーを浴びたのに、汗だく。



結局40分格闘したがダメ。
何故閉まらないのか分からない。


諦めてフロントにヘルプ
運良く、日本語が分かる従業員さんが部屋に来てくれた。
2人でチャレンジしてもダメ。


『ガムテープない?』って聞いたが、『ない』とのコト。
仕方なく、お金を渡して、近くコンビにでテープを買って来て貰うことに。



しかし、
その買いに行って貰ってる間に、ロックが掛かって無事入ったのだ。
何故じゃ?




≪チェックアウトから出国まで≫
さて、これから残り時間は僅か
飛行機は5日の午前0時20分発。
ホテル発は20時でそれから免税店→空港って流れだ。



ホテル近くのインターネットが出来る店へ行く。
まだ、台湾沖の地震が影響してスピードは遅いのだろう。
でも、ネットよりこの店の近くで飼われてる犬がカワイイんだな~。
(←既に何度か書いてますが・・・:)



あとは食べ忘れた美味しそうなパンを買ってホテルへ。
(←詳細は食べ物編にて!)
すると旅行会社のお迎えも来てる。



最後の最後に今日のスーツケースのトラブルを助けてた従業員にチップを渡す。



帰国前に寄った免税店は【プラザバリ】
http://www.plazabali.com/
DFSギャラリアよりローカルである。
ここは帰国日に寄るとチョットした物がもらえます。

Aコース:中華海鮮レストランにて軽食(1品)
Bコース:コーヒーショップにて軽食(1品)
Cコース:クイックマッサージ(15分)
Dコース:おみやげ一点


今日は昼ゴハンを食べてないからな・・・
最初はマッサージを考えてたんだけど、日焼けがイタイからパス。


オイラは中華海鮮レストランにて軽食を選びました。
・特製チャーハン
・海鮮ラーメン
・ジャージャー麺
・焼ソバ
より、海鮮ラーメンにしましたが。。。
(←詳細は食べ物編にて!)



あとは、帰国のみ



ングラ・ライ国際空港に到着。



最近じゃ、セキュリティーチェックが厳しく、
ガイドは建物前までしか来れません。
だから飛行機のチェックイン手続きは自分でしないといけないのだ。
まぁ、ココ数回の海外旅行は全て個人で行ってるから
オイラは困らんが、うちの親だと無理だろうな・・・



荷物検査を終えてガルーダインドネシア航空のカウンターにてチェックイン。



チェックインの時に、気付いた。
あの閉まらなかったスーツケースが、ロックの片一方が閉まってない
危険だな・・・
買ってもらったテープにてグルグル巻きにしました。
だった関空でスーツケースが空いて中身が飛び出してたら・・・
それはイヤだもんな・・・


オイラ、結局、空港内、飛行機内、帰りのバス内もこんなカッコで
移動してました。大工かって! (^^;; etc08000
こんなカッコで空港内、飛行機内、関空で居ました。
(写真をクリックしたらso-net photoに飛びます。)




出発まで時間があるので軽くお食事。
でも空港内は高い!!!!!
日本並みだろうな...
(←詳細は食べ物編にて!)



ここで面白いことに気付きました。


カフェやレストランで最後の精算の時です。


欧米人は大体、店員さんを呼んで、テーブルで精算します。
一方、
日本人はレジが近くにあると多くの人がレジまで行って精算します。



面白いな。
多分、『お勘定!』ってのをどう言ったら良いのか分からんのでしょうね。
オイラも分かりません。
だから、オイラ、How Much?って言ってましたが....
多分、Check Pleaseで良いと思うのだが。


airport05000
空港内。あとは搭乗を待つのみ。(写真をクリックしたらso-net photoに飛びます。)



5日、午前0時45分。
無事、インドネシア・バリのングラ・ライ国際空港を飛び立ったのでした。





nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 2

yuzu_teppei_oneandharf

マルコメさんのどこが太ってんの?
by yuzu_teppei_oneandharf (2007-02-05 21:13) 

マルコメ

>teppeiさん
前から見たら分かりません。
横から見たら・・・・
お~~~コワ~イ

お腹出てますもん。
昔はガリガリだったんですよ。
体重55キロぐらい。
by マルコメ (2007-02-06 00:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。